折れた歯、割れた歯の再生治療「破折歯接着治療」に取り組む、“PDM札幌”

PDM札幌

PDM札幌は、新しい時代の歯科治療を提案する歯科医療グループです。

歯科医療関係者様用PDM札幌公式サイト

破折歯接着治療(破折歯接着修復法)とは

歯根破折をおこした歯の治療法“破折歯接着治療”

破折歯接着治療 歯が割れることを「破折(はせつ)」と呼びます。 破折をおこした歯の治療法「破折歯接着治療」

一般的に、歯根破折をおこした歯は、抜歯の対象となることが多いですが、その状態しだいでは、最新の接着材を用い、割れた部分を接着修復し、治療する事ができます。
また、破折に気づかずに放置され割れた部分が分離した歯の根であっても、意図的な「再植」という治療法を用いれば、割れた歯や欠けてしまった歯も、以前と同じように使えるようになります。

2種類の治療方法

歯根破折をおこした歯の接着修復による治療法「破折歯接着治療」には、
大きく分けて、2通りの治療方法があります。

「口腔内接着法」

口の中でひび割れの部分を修復する

「口腔内接着法」

一度抜歯して口の外で修復して
再植(元の所に戻す)する

破折歯接着治療方法① 口腔内接着法

口腔内接着法について

マイクロスコープ(顕微鏡)で見ないと判断がつかない様な細いひびの場合、ひびが入っているけれどしっかりしていて動かない場合に行う方法です。ひびの部分を小さな超音波器具で削り取って、その部分に強力な接着剤を流して修復します。肉眼での治療には限界がありますので、マイクロスコープの下での治療となります。

  • ①ひび割れ
  • ②削り取る
  • ③完了

破折歯接着治療方法 ② 口腔外接着法

口腔内接着法について

主に、破折に気付かず、長期間放置されて、ひび割れ部分が分離してしまった場合に行います。一度歯を抜いて口の外に取り出し、接着してから元の場所に戻す方法です。基本的に、抜歯以外に方法がない場合に行う最後の手段となる方法で、現在では成功確率が非常に高い治療方法となっています。しかし、抜歯してみると歯根の表面のダメージが予想以上に広範囲であったり、ひびの入り方が複雑で、元の状態に戻せない場合もあり、全ての歯が治療できる訳ではありません。抜歯してからの判断となる事が前提です。

  • ①割れる
  • ②抜歯
  • ③接着
  • ④戻す

破折歯接着治療は札幌でも受けられます。

今では札幌でも、破折歯接着治療が受けられるようになりました。

歯根破折をおこした歯の治療を世界で初めて確立したのが、日本の歯科医師である、東京の自由が丘で現在も治療を行っている眞坂信夫先生です。今では、眞坂先生に師事する札幌の歯科医師たちが、PDM札幌という、破折歯接着治療を中心とした歯科医療グループを立ち上げ、破折歯接着治療と、その普及に取り組んでいます。

破折歯接着治療札幌で受けられる歯科医院を探す